全身脱毛で肌が荒れてしまう原因

肌への過剰なダメージで荒れてしまう

気軽に全身脱毛を受けられるのが脱毛サロンの魅力ですが、お店で処理をしたら肌が荒れたという話は少なくありません。肌荒れは肌に過度のダメージが加わることで発生するもので、シェービングを例にするとよくわかります。ムダ毛を剃った翌日は肌が赤くなったり、かゆみを感じたりする人が多いでしょう。お店の脱毛の場合も同じく、肌が耐えられる範囲の負荷を与えてしまうと肌荒れが発生する可能性があります。肌のバリア機能には個人差がありますし、体調なども大きく反映されてきますので、同じ施術を受けても荒れるときと荒れないときがあったりします。肌質が乾燥または敏感な状態になっているときは、全身脱毛を受ける前に保湿ケアを徹底して臨んでください。

脱毛機の出力が大きすぎる可能性がある

肌状態を安定させておけば、お店で全身脱毛を受けたときに荒れにくいです。しかし十分に保湿しているのに肌が赤くなったり、ブツブツが発生したりする人はいます。こうしたケースでは脱毛機の出力設定が高くなりすぎており、肌が耐えられる範囲を超えていると考えられます。小や中レベルの出力では問題なくても、大レベルで照射すると荒れてしまう可能性はあるのです。肌質には体調が大きく影響し、体調が悪いときは肌も弱くなっていることが多いです。体調が悪いと認識している場合は、全身脱毛を受ける前に詳細をエステティシャンに伝えておいてください。そうすれば脱毛出力を抑えて、肌へのダメージを軽減してくれるでしょう。脱毛サロンは施術のたびに肌チェックをしてくれる店が好ましいです。